ChineseLife社会貢献事業/中国の真実

社会貢献事業の展開

  この事業は企業としての利益を追求していません。
  社会貢献事業として新しく独立会計で行います。
  地域貢献活動を通じて中国茶の質を高めます。
  茶農家がより良い生活をする為に努力し続けます。

今守らなければ

  先進国に輸出可能な茶葉が減り続ける現状。
  茶葉に使われる農薬「エンドスルファン」の使用量は年々増え、
  私の見解では中国市場は10年後に多くの茶葉が不合格へと。
  今から出来る事を行う事で少しでも多くの茶畑を良くしたい。

  


社会企業家としての挑戦

  中国を歩きながら見てきた多くの社会問題。
  今までは誰も知らない一人の日本人でしたが、
  8年中国茶会社を経営しながら多くの方に支持して頂き、
  現在の会社を運営出来ている事に心から感謝申し上げます。

  お客様に安心で安全な茶葉のお届けに自分の全てを注ぎます。
  それがこの社会貢献事業の原点であり願いです。

社会現象

中国で学ばせて頂いた10年の真実

  農薬を撒き過ぎて手が荒れ果て、ドロドロになった皮膚。
  1年に捨てられる3億トンのゴミに含まれる有害物質、重金属等。
  雨で埋め立てられたゴミから流れる化学物質。
  化学反応により赤、紫、青、黒、白色の七色の川を見てきた。
  中国では何百と言われる癌の村がある真実。

  近年中国は高度経済成長により化学工場などによる公害や汚水が深刻化し、
  地下に流れ込み水道水から有害物質が検出されている現実をご存知ですか?

  陽の当たらない裏側で大変な苦労をしている方達がいるのです。
  それは中国茶の世界でも全く同じでした。

  


健康な茶樹が茶畑から減る真実

  皆さんはご存知ですか?荒れ果てている農地を
  かつては肥沃な土地で作られていた中国茶は、
  化学肥料の大量使用により無機質になる土には、
  毎年大量の化学肥料が使われる事実を。。。

  これで良い茶葉が作れるはずはありません。
  農作物の原点は土壌にあるのです。
  このままこの問題を解決しなければ、
  数年後には伝統や歴史のある茶葉は絶滅の危機です。


中国現状

有機質と無機質

  自然界のバランスは全てが黄金律でなりたっています。
  完璧な状態が作られていた
  茶畑を守ってくれる

  虫と聞くと「悪い」イメージが多いと思いますが、
  茶樹を守り育ててくれる虫もいるのをご存知ですか?

  虫が直接的に守ってくれるものもあれば、
  土の中にいる虫がほぐしてくれる

撒かれる多くの農薬

  出稼ぎに行くためには濃度の濃い農薬をたくさん撒く
  たっぷりと農薬のついた茶葉は2,3ヶ月は虫がつかない
  2,3ヶ月後に出稼ぎから戻ってきて、茶葉を作った後に、
  再度、濃い農薬をたくさん撒いて出稼ぎへ行くサイクル

良い茶葉が減り続けている

  上記が中国農業の現状です
  これで良い物が作れる方が不思議な話です
  本来、最も重要視されなければならない安全
  待っていて良い茶葉が出来る時代はとっくに終わりました

お茶の売買では超えられない壁

  8年の中国茶ビジネスを通じての見解
  提携先の茶畑は少しずつ良くなっているが、
  反比例してどんどん増える不合格の茶葉が社会問題
  お茶の売買では守りたいものも守れない現実

私は守りたい

  このまま中国が悲惨な未来へ進んで行くのを止めたい。
  外国の事だから、関係ない事だから、と思われる方もいると思います。
  私も自分が中国茶を取り扱っていなかったら・・・

  私は10年中国に育てて頂き、
  人生で大切な事を中国の方に教えて頂きました。
  私は中国に恩返しがしたい。
  私を支えてくれた方々の生活を少しでも良くしたい。

  私は皆さんにお願いがあります。
  彼らを支持するためには皆さんの協力が必要です。
  この社会貢献事業は大高勇気が責任を持って行います。
  皆様のご支援を賜りたくここにお願い申し上げます。

茶農家の真実

  ここからは公開するのを悩みました。
  私のメンターに背中を押されて書かせて頂きます。
  皆様に茶農家の真実と現状をご理解頂きます。

茶農家の子供達は良い教育環境がない

  中国の茶産地は町にならない部落単位の辺鄙な土地柄。
  人が点々と生活する事により学校教育が行き届かない。
  彼らの識字能力が低く、教育環境も良い物ではない。
  このような環境下で育った子供達の未来は・・・。

彼らは出稼ぎに出たいわけではない

  現在、中国茶産業は給料の低い、厳しい労働環境下の現状。
  若い働き手がどんどんと出稼ぎに出て行ってしまい、
  茶農家の急速な高齢化を後押ししてしまっている。
  彼らは収入があれば村でお茶を作りたいと思っている事実。

  それは何故かを下記で記します。

識字能力が低い彼らの出稼ぎ先

  茶農家や農家の教育レベルは大変低く、
  彼らが大都市に出稼ぎに出て行っても出来る仕事は限られる。
  読み書き出来ない彼らは工場での労働や飲食店でのサービス業。
  低収入の生活を数ヶ月、数年働いて改善されない現実が呼び寄せる真実。

  女性の多くは収入の高い非合法の業界に進んでいく。
  最終的に行き着く場所は国内で不法である「売春宿」などの実態をご存知でしょうか?
  都市部で高い教育を受けた人達は決して風俗業などで働くことはありません。
  読み書きが出来ない方達が働いている悲惨な現実。

  両親が病気になり使った手術費用のため。
  弟や妹などの学費を稼ぐため。
  彼女達は高収入と身体を交換している現状です。
  このままで良いのでしょうか??

守りたい女性達には新たな産業の必要性

  子供の頃からお茶作りを手伝い、技術のある彼女達は、
  大都市では何も出来ない若者となり社会的価値を見出だせない。
  この矛盾を見た時に「不合理過ぎる」と感じた自分がいました。

生活が安定しなければ次は語れない

  しかし現実はキレイ事で上手くいく世界ではない。
  彼らに安定した生活を供給する事での交渉を続けた日々。
  私は必要最低限の給料しか払わないと交渉しました。
  生活を良くするのは自分達の実績で変えるべきである。

  良い物を作ることを怠れば生活は良くならない。
  甘やかす事は全くさせないと決めています。

  人は苦労をする事でしか成長しないことを全ての人に話しています。

  


守ることの出来ない伝統

  中国市場はお金の市場とも呼ばれる現実があります。
  お金が稼げなければ、すぐに作らなくなってしまいます。
  そこにこだわりはないのか?そこに情熱はないのか?
  皆さんの気持ちは痛いほどわかります。

  では、生活が保証されない。一向に良くならない生活。
  いつ良くなるかわからない生活があった時、
  皆さんならどうしますか??

  彼らは時として選択肢がなく、
  自分の命の為に作るものを変えることや、
  化学農薬や化学肥料を使用しています。
  これは隠す必要もない中国の真実なのです。


中国が誇る歴史を絶ちたくない

  中国茶を愛する一人の日本人として見た現実は、
  上記の通り全く良いものではありませんでした。

  だから心が傷くて、悲しくて、悔しくて、
  自分の無力さに何度涙をこぼしたことかわかりません。
  中国の真実を見て変えることの出来ない現実。

  私は中国を尊敬し、中国を愛しています。
  中国が良くなるためには底辺の底上げが大切です。
  私の一生を通じて底上げに自分の魂を捧げます。

  そこに私を必要としている人がいたからです。
  そこに私を待ってくれている人がいたからです。

  どうか皆様のお力を賜りたく思います。

皆様のご支援の程、お願いします

  この社会貢献事業は私達の力では達成出来ません。
  大勢の方達の支援を必要としております。
  皆様から頂いた支援は私が責任を持って管理します。
  安心、安全な茶葉を作るために考え抜いて使用します。

  一人でも多くの若者が希望を持ち、
  美味しい中国茶を作り続けられる環境を整え、
  自分の得意分野で自分の価値を見出だし、
  光り輝く未来を作るためにご支援頂きたいです。


下記よりダウンロード出来ます

   

ページの先頭へ